母音も実印並の効力があるって本当?

母音も実印並の効力があるって本当?

基本的に書類などの契約は使用目的に合わせた印鑑を使います。
軽い証明ならシャチハタ、身分の証明のためには実印を使うなど、印鑑の使いどころは種類によって変わりますが、印鑑が無いときには拇印を使用することもあります。

 

よく拇印は実印と同等の効力があるといいますが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

拇印の効力について

 

拇印の効力についてですが、結論だけ言うと拇印の効力は実印と同等といえます。
拇印は自分の指を使うので、複製できない指紋を使っているという時点で自身の証明として非常に高い効果を発揮します。
そのため何か重要な書類に拇印を使った場合、その書類は非常に強い効力を持つことになるので、使用する機会があるときは慎重に押すようにしましょう。

 

使いどころはある?

 

実印と同等の効力を持つとされる拇印ですが、実際のところはそれほど使いどころがあるわけではありません。
拇印は実印のように証明書などが発行されているわけではないので、書類に押す印鑑として使用する場合は、特定に時間がかかるなどとして、積極的に使われるわけではありません。
そのため普段の生活で拇印を押すことはまず無いでしょう。

 

警察での書類作成

 

普段使う機会がめったに無い拇印ですが、警察のお世話になったときには拇印を活用することが多いです。

 

何かの事件に巻き込まれたときなど、警察で何らかの書類を作成することになったときは、書類に実印に相当する印鑑を押す必要がありますが、実印を持ち運ぶ方はめったにおらず、その場で使える拇印を使用することになります。もちろん法的な効力は非常に高いので、拇印を押すことになったときは内容を詳しく確認しておきましょう。

 

 

拇印はその場で簡単に押すことが出来る反面、めったに使う機会が無いものですが、その効力は非常に強く、気軽に押していいものではありません.
許されるなら契約の内容をきちんと確認して、どうしても押さざるを得ないときにだけ押すようにしましょう。