印鑑を偽造されにくくする2つのポイントとは?

印鑑を偽造されにくくする2つのポイントとは?

印鑑を作る際に偽造されないかどうかを心配する人もいるのではないでしょうか。
最近では銀行の通帳にも銀行印を押していませんから、通帳から偽造されることはないかもしれません。
しかし、古い郵便局の通帳などは印鑑が押してありますから、偽造されてしまう可能性もあります。

50万円以下なら銀行から下ろされるリスクが

本人確認法による制限で、50万円以上のお金を引き出す際には、本人確認書類が必要ですが、それ以下の金額なら通帳と偽造印で下ろされてしまいます。

他にも印鑑が偽造されると、どんな影響があるか分かりません。
いったい、どんな印鑑が偽造されにくいのでしょうか?

 

手彫りの印鑑は偽造されにくい

手彫りは同じ物を作れない

印鑑を作るときのことを考えてみましょう。
手彫りの印鑑は、職人がすべて一本一本手作業で作ったものですから、たとえその職人が同じものを偽造しようとしても作ることはできません。
わずかな線の位置のずれやバランスの違いなどがどうしても出てきます。
それだけ偽造するのは難しいということです。

機械でも同じ印鑑は作れない

現在の印鑑を偽造する方法は、印影をスキャニングしてそれを機械で彫る方法が主流のようですので、どんなものでも偽造できそうに思いますが、職人が心を込めて作った熟練された線の彫りやキレ味は機械に真似できるものではありません。

偽造を避けるなら、腕のいい職人が作った印鑑を使うことが大切です。

 

字体を選ぶ

古印体隷書体といった字体は、読みやすくて認印には向いていますが、見るからに偽造されやすそうですよね。
極端な話、器用な人なら芋版でも似たようなものが彫れそうです。

特に画数の少ない名字の人は心配でしょう。

おすすめの字体【実印】

篆書体太枠篆書体吉相体
左から「篆書体」、「太枠篆書体」、「吉相体」
実印を作る際には篆書体(てんしょたい)太枠篆書体(ふとわくてんしょたい)がおすすめです。
これは、日本のお札に押されている印鑑の書体で、現代文字とはやや形状が異なり可読性が低いため偽造されにくくなります。

ただし、作り手の意匠が込められているため、ごく稀に役所で文字照会ができずに実印登録できないこともありますが、それだけ偽造されにくいと言えるでしょう。

 

万一、実印登録できなかった場合は、作ってくれた印鑑屋さんに連絡しましょう。

おすすめの字体【銀行印】

さらに、吉相体(きっそうたい)という字体ならさらに読みにくくなっていて、銀行印にもおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?
偽造されにくい印鑑を作る場合のポイントは

手掘りの印鑑を作ること!

印鑑の自体は実印なら篆書体か太枠篆書体、銀行印は吉相体を選ぶ!

この2点ですね。

 

購入する際にはしっかり覚えておきましょう。