知っておこう!実印の相場<印材別・男女別平均購入額>

知っておこう!実印の相場<印材別・男女別平均購入額>

実印の相場っていくらなんだろう?

実印は人生の中でそんなにたくさん購入するものでもありません。そのため、購入価格の相場をご存知ない方も多いでしょう。相場を知らなければ、どれぐらいが安いのかを判断することもできません。とんでもない高値で買わされてしまうかもしれません。実印の相場はいくらぐらいなのでしょうか。

 

素材によってピンキリ

高いものは10万円以上!?

インターネットなどで見てみても、実印の価格はピンからキリまであります。その値段の違いには印材が関係しています。高いものだと10万円以上するものもあります。その中でも人気の印材の相場をみていきましょう。

価格相場【人気印材別】
象牙:17,000円前後

ただ、まず実印の印材として高級で押しやすく、耐久性もあるのを挙げるとしたら象牙でしょう。持った時の重厚感や豪華な感じは実印にはうってつけです。

 

象牙の実印の価格相場は大体17,000円程度と考えていいでしょう。象牙の中にも高級なものもありますが、通常のものはこれぐらいです。

 

チタン:12,000円前後

次に、最近人気が高いのがチタンの実印です。デザインがスタイリッシュで耐久性、耐食性、耐熱性に優れていて長持ちしてくれます。これはおよそ12,000円ぐらいで手に入ります。

 

黒水牛:6,000円前後

もっと安いものが欲しい場合は、黒水牛がおすすめです。相場は6〜7千円ぐらいですから、新社会人などでも手を出しやすいでしょう。

 

薩摩本柘:4,000円前後

また、薩摩本拓ならもっと安く4,000円ぐらいで買うことも可能です。

 

男性用と女性用でも違う

男性用がでかい分高い

男性の使う実印は、女性用のものと比べると大きさが大きいことが多いですよね。やはりサイズによっても値段が変わってきます

男性用実印は平均10,000円

男性用で多く使われるのが16.5oの大きさですが、平均すると10,000円程度のものが多いようです。もちろん素材によっても異なります。象牙で2万円、チタンで12,000円、黒水牛で6,700円といったところでしょうか。

 

女性用は2,000〜3,000円ほど安い

これに対して、女性用は15.0oや13.5oのものが一般的です。この二つにはそれほど値段の差はありませんから、好みで選ぶといいでしょう。相場としては、象牙で17,000円、チタンは男性用と変わらず12,000円程度、黒水牛で5,000円ぐらいでしょう。

 

まとめ

このように、印材ごとの相場と購入する実印の平均金額の相場をそれぞれ覚えていれば、購入予算や購入したいものが分かりやすくなるでしょう。実印を選ぶ際には、価格の相場をきちんとわきまえたうえで、賢い選択をしましょう!