法人印の角印と丸印の違いとは?

法人印の角印と丸印の違いとは?

印鑑は個人で利用するだけでなく、法人の設立のためにも利用されます。
いわゆるほう人員と呼ばれる印鑑は、法人にまつわる重要書類に捺印するために使われますが、その際丸印と角印の二つを使用していることが、捺印された書類を見ると分かります。

 

どちらも法人印に違いはありませんが、それぞれの違いは形以外に何かあるのでしょうか。

 

中身の違い

 

法人印の角印と丸印は、同じ法人印でも証明するものが異なります。

 

角印はいわゆる認印にあたり、捺印された書類はその会社が発行したものであることを証明するために使用します。

 

それに対して丸印は法人を設立した代表者が誰かを証明するための印鑑で、これが押される印鑑は重要な取引を結ぶための契約書などに使用されています。

 

明確な決まりは無い

 

認印として利用される角印と代表者の証明に使われる丸印ですが、実のところ明確な決まりがあるというわけではありません。
つまり角印と丸印に彫られる内容を逆にすれば、代表者印を角印、認印を丸印として利用しても何の問題も無いわけです。

 

とはいえ慣習で角印と丸印の使い分けは半ば決められているようなものなので、契約時の混乱を防ぐためにも、慣習には従っておいたほうが良いでしょう。

 

 

銀行印について

 

法人の設立と運営のためには角印と丸印が必要不可欠ですが、もう一つ用意しなければならないのが銀行印です。
こちらは銀行口座の開設のために使用されますが、法人の場合も専用の銀行印の作成が必要です。

 

銀行印は基本的に丸印を使って製作されますが、内容は当然代表者証明のための丸印とは異なり、印字の中に銀行乃印などの文字を加えて、銀行印であることを明確にしています。

 

 

法人の設立と運営のためには何かと印鑑が重要な要素を持つことになります。
角印と丸印の使い分けのように、半ば慣習で決められているなど、明確な決まりとはっきり決まっているわけではありませんが、円滑に法人を運営するためにはこうした慣習を守ることは非常に重要なので、法人印の使い分けについては知っておいて損は無いでしょう。