印鑑をなくした時は何をしたらよいのか<万が一のために>

印鑑をなくした時は何をしたらよいのか<万が一のために>

印鑑を紛失してしまうこともたまにあるかもしれません。認印は使うことが多いので置き場所を気にしているかもしれませんが、実印や銀行印はそんなに頻繁に使うものではありません。いざ使おうと思った時に見当たらない、ということもあるでしょう。紛失した印鑑を第三者に悪用されると、財産を失ってしまうことにもなりかねません

 

万が一そうなってもすぐに的確な行動ができるように、今のうちに印鑑を紛失した時の対処法を覚えておきましょう!

 

実印を紛失した場合

実印はあなたがあなたであることを証明する大事な印鑑です。これを悪用された場合、他人があなたになりすまして知らない契約を結ばれてしまうこともあり得ます。

 

まずは役所へ届け出をする

こんな時にはすぐに実印登録を行っている市区町村や登記所に届け出ましょう。そうすれば印鑑証明書の交付が受けられなくなります実印と印鑑証明書があれば、勝手に契約を結ぶこともできますから、第一に届け出を行いましょう。

 

改印を行う

さらに改印届けを提出して、紛失した印鑑の効力を完全になくしておきます。これで、以前の実印を不正利用されることを防ぐことができます。

 

警察へ行き紛失or盗難届けをする

次に警察に行って印鑑の紛失届、または盗難届を提出し、届出証明書をもらっておきます。

 

関係者へ連絡

また、以前に実印を使って契約を交わした関係先等にも改印した旨を連絡しておくといいでしょう。

 

銀行印を紛失した場合

銀行印もあなたの財産を管理する大切な印鑑です。通帳と印鑑があれば、50万円未満なら簡単に下ろすことができてしまいます。

 

銀行へ届け出をする

銀行印を紛失した場合は、すぐにその印鑑を登録している銀行に届け出ましょう。それと同時に、実印をなくした時と同じように、改印届けを出しておきます。

こうすれば、紛失した印鑑を使って銀行取引や手形取引が行われることを防ぐことができます。もしも印鑑を悪用された形跡があれば、すぐに知らせてもらうこともできます。また、多くの銀行では紛失届を提出する以前にまでさかのぼって損害を補償してくれるサービスを行っているところもありますから、怪しい取引がないかどうかを確認しておきましょう。